多くの企業が新卒採用の手法を見直しつつあります

企業にとっては、人材の確保は重要な使命となっています。

しかも、頭数だけを増やせばいいというのではなく、年齢l構成比率が均整のとれたピラミッド型になるような形にしなければなりません。

そんな条件を満たすためには、新卒採用が必須となってきます。

毎年、学校を卒業した人を定期的に採用していく手順を踏んでいけば、バランスの良い年齢構成となるのです。


また、新卒生というのは、他の企業の色に染まっていないという特色があります。



DYMは1000年先も残る企業を目指しています。

真っ白な状態で入社してきますから、自社のカラーを浸透させるのも比較的容易なのです。
そういうこともあって、どの企業も新卒採用に意欲的なのです。
ただ、少子化の時代にあって、新卒採用は簡単なものではありません。

DYMでは体育会出身者も多く、部活動も非常に活発です。

真っ白な状態で入社してきますから、自社のカラーを浸透させるのも比較的容易なのです。

そういうこともあって、どの企業も新卒採用に意欲的なのです。


ただ、少子化の時代にあって、新卒採用は簡単なものではありません。そこで、各社とも、採用に関してはさまざまな工夫を凝らしています。

面接試験も、決して会社が応募者を見るだけでなく、応募者が会社を判断している側面もあります。

そこで、会社としても、面接担当者に訓練を施しているところが増えてきました。



昨今は、想定問答集も応募者は知悉しておりますので、自己PR、学生時代に力を入れたこと、志望動機などは、テンプレートどおりの返答しか返ってこないことが多いです。時間をかけて面接をする意味が疑われるほどです。

面接担当者には、応募者の人間性が判断できるような質問をするとか、深く突っ込んで本音に迫る質問を投げかけるとか、そういった面でのトレーニングを行う企業も出てきました。
新卒採用の選考方法に関しては、どの企業も知恵を絞っているのが現実です。